fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
ホットホット・シュライン
さて、全国の最高気温38度が、群馬県伊勢崎市(いせさきし)で観測された翌日です。

その伊勢崎市にある、伊勢崎神社。
この神社は、伊勢崎市街の本町通りを南に入ったところにあります。

本当に、すぐです。

↓入口です

伊勢崎神社入り口



この神社は、遠く伊勢にある伊勢神宮の外宮の神様である
保食大神(うけもちのおおかみ)をお祭りしています。

保食大神は、日本神話では、食物の神であるオオゲツヒメノミコトが
スサノオノミコトに斬られた時に誕生したとされますが、
伊勢神宮では、天照大神にささげる食事を受け持つお役目として
外宮に祭られています。


別名、豊受大神(とようけのおおかみ)。
これにちなんでか、伊勢崎市には「豊受」という地域もあります。

ここの「伊勢崎」という地名自体、伊勢に由来しているのでしょう。
(これについては、この記事の最後に追記があります)

伊勢崎神社の札


伊勢崎神社ですが、規模はこじんまりとしたもので
町中にあるせいか、境内の木々も全体的には、そんなに多くはありません。

正直、もっと緑の潤いがほしい…と思いましたが
水の潤いには恵まれているようです。

↓お手水です
伊勢崎神社お手水

気温はまだ高いのですが、カラっとした陽気のため、
風が吹くと爽やかです。

  そうなんだよ、湿度さえなければ
  気温が高くてもエアコン無しで過ごすのは
  できないことじゃないな…

などと思いつつ、お手水に向かいます。

境内の向かって左手、日陰になったお手水は
見るからに涼しそうで、渓流を思わせるきれいな水が流れていました。

伊勢崎神社お手水アップ



ここで手と口を清め、本殿に向かいます。
と言っても、ほんの数メートル先ですけどね。
(つづく)

※7月24日追記:この神社は、伊勢大神宮を勧請(かんじょう)してありますが、
保食大神については、伊勢からお呼びしたのではなくて
もっと古い時期から祭られていたようです。

伊勢の外宮の神様は、一般に「豊受大神」のお名前で知られています。
五穀豊穣の神として、のちに保食大神と習合して、同一視されるようになったものです。

誤解を招く表現で、すみませんでした。




↑ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いね!

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

浅草ほおずき市の思い出
こんにちは。

7月9日と10日の両日、東京下町の浅草寺では
ほおずき市が催されますね。
この時期、他の方のブログで紹介されているのを見て
思い出しました。


ほおずき市ですが、
この期間は、四万六千日功徳日といって
お祭りされた観音様に一日お参りすれば、
四万六千日お参りしたのと同じ功徳がいただけるとされています。

私がこの功徳日の事を知ったのは、もう随分昔ですが、
そのときは同時に、ここで売られる《ほおずき》の意味も知りました。

ほおずき=法好き に通じる

つまり、ほおずきを手元に置くことで
仏さまの教えを好きになってほしい、ということだそうです。


その時は行く機会がありませんでしたが、
実際に参拝したのは、それから何年もたってからの事です。

私はその年の春に、音楽の仕事をやむなく離れ、
次の職がまだ見つかっていませんでした。


年上の女性が、そんな私を誘ってくれて
一緒に東京まで、東武線で出かけたのですが、

当たり前ですが、沢山の人出の中
お互いを見失わないように気をつけて
お堂(だと思う)でお香が焚かれた中で
これからの事をお祈りしました。


境内には、外人さんの姿が結構多いので
ちょっと驚いたり、
でも考えてみれば、当たり前かと納得したり…

お土産を売るお店では
素敵なノレンやハンカチが売られているし

町並みはと言うと
フーテンの寅さんに出てくる
そのまんまだし
(それも当たり前か)

東京に長いこと住んでいたとは言え
国立・立川・国分寺という多摩西部だったので
そちらとは随分違う趣を味わいました。

(本当を言うと
音楽をやっていた頃に
仕事で2度ほど、この浅草寺のすぐ近くに行っているのですが
町の様子を味わう時間は無く
歩いたのは、駅と仕事の場所の間だけでしたからね)


それにしても
浅草寺で売られていた鉢植えのほおずきの
見事だったこと!


昔の庭先で摘んで鳴らした
あの可愛いほおずきではなくて

大きくて、鮮やかなオレンジ色

まるで 風船

そんな実が
7つも8つもついているんですよ。

私はフトコロと相談して、買うのは控えましたが(笑)

浅草寺に行ったのは、まだこの時の一回だけです。
でも、観音様はそのときの願いを聞き届けてくださったのか
その年の秋に入ると
まず、短期の派遣の仕事に就くことができました。

それから、数年間いることになる前の職場が見つかるのは
まだ後の話ですが…


今日は思い出話でした。
観音様についてのお話は、また次回の記事で

P.S. 四万六千日功徳日のお参りは、浅草寺が有名ですが、
同じ文京区の護国寺も同じくらい有名だそうですね。

また、横浜の弘明寺でも同じ催しがあるそうです。
そうすると、全国ではもっと沢山のお寺で催されているのかも知れませんね。

…他にもご存知の方、いらっしゃいませんか?

知恵蔵より『ほおずき市について』の解説は→こちらをクリック

ここまでお付き合いくださり有難う


↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

榛名(はるな)神社・ラストスパート
(前回までの記事の続きです)


さて、榛名(はるな)神社のお手水を使って、さらに石段を登り、
(筆者は、この辺で息を切らせていますが、
ご年配でも、足腰の丈夫な方は平気です)(~_~;)
昔の社務所があるスペースへ通じる門をくぐります。

↓この門です
榛名社務所前の門


この門をくぐった向こう右側には、木のベンチが幾つか並び、
参拝の現地での待ち合わせに使われたりします。

そして、さらに最後の関門!
またまた石段を登り、龍の飾りのついた門を抜けると
(ああもう、グッタリ)

本殿と、現在の社務所があるスぺースに到着。


逆光のため、クリアに撮影できませんでしたが、

↓本殿と、バックのご神体の岩です
榛名本殿と後ろのご神体


風化で岩がえぐれて、そそり立つ巨人の首のようになっていますね。
横から見ると、この部分は、かろうじて前の木々で支えられているように見えます。

榛名神社の周りには、この他にも珍しい形の奇岩が
幾つも見られます。

思いがけないことに、
ここの参道から見られる、渓流の対岸は
中国の雲南省に、似たような景色があるそうですよ。
確か、桂林とかいったような・・・



さて、この榛名神社のある榛名山ですが・・・

私が子供のころの運動会の組分けは、
小・中学校とも普通の赤組・白組ではなくて

上毛(群馬)三山である
赤城(あかぎ)・榛名妙義(みょうぎ)
それに、浅間(あさま)を加えた4チームでした。

鉢巻の色は

赤城:(当然のように)
榛名:水色(榛名湖からの連想でしょうか)
妙義;
浅間:白

でした。

何だか、複雑ですね。
時期によっては、
さらに『白根』というチームもあったようです。
四つ巴、どころか、五つ巴の戦いですね。

この、『白根』というのは
日光にある白根岳のことらしいのですが、

浅間山は、所在地は長野県でも
群馬のたいていの場所から見えて
おなじみですが・・・
白根岳とは、これいかに?

そんなん、しらねーよ!
ってね。
(栃木の皆さん、ごめんなさい)

しかし、『白根』チームの鉢巻の色は、
一体、何色だったのでしょうね。
白はもう、浅間チームで使われているし・・・

そんなん、しらねー!

ハイ、わかりました。

※今回の榛名シリーズは、いったんもめん終わりです。
お花の写真もいくつか撮ったのですが、
それはまた、後の機会と言うことで・・・

ではまた



↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 


榛名(はるな)神社のお手水
(前回の記事の続きです)

さて、参道を登ること10分ほど、ようやくお手水に着きました。


↓榛名神社のお手水(傾いて見えるのは、写真のせいです・・・汗)
榛名お手水

色もデザインも、よくあるパターンと言えば、パターンなのでしょうが・・・
でも、
『丹塗り』(にぬり)と呼ばれる、鳥居や橋の、この赤い塗装、

周りのに、良く映えること!


緑の中の紅一点



も、それぞれ引き立てあって、見事ですね。

昔の人達が、塗装にこの色を選んだのは、
色があせないからとか
塗ったものが腐りにくいとか

さまざまな理由があるのでしょうが、
配色のこともあるのではないかと思ってしまいます。



ところで、このお手水を使うときの作法ですが


手順が貼り出されていない神社では、
意外に知られていないようです。


参考までに、お手水の使い方
下に示しておきますね♪

榛名お手水アップミニ


まずは、
?右手に持ったひしゃくで左手に3回水を注いで、左手をすすぐ。


次に、
?ひしゃくを左手に持ち替えて、右手に3回水を注いで、右手をすすぐ。

?再び右手に持ち替えたひしゃくで、左手に水を注ぐ

?左手で受けた水で口をすすぐ
(軽くです。うがいのように何回もやる必要はありません)

??を、合計3回繰り返す

?また、ひしゃくを左手に持ち替えて
右手に3回水を注いで、右手をすすぐ。

?ひしゃくを右手に持ち替えて、
さかさまにして、残りの水に柄を伝わせる。

  (つまり、ひしゃくの水で、ひしゃく自体を清める事になりますね。
  これまでの、手や口をすすぐのも、手や口を清めているという事です)

最後に、ひしゃくを元の場所に戻します。


ところで、
このうち?の『口をすすぐ』という部分ですが、

結構色々な方たちが
『水を飲む』ことと誤解されているようです。


中には、ひしゃくに直接、口をつけて
ごくごく飲んでいるご一行様も・・・

ツアーの添乗員の方が、率先して
観光客の方たちに、そう教えている光景も
珍しくありません。

榛名神社だけでなく、色々な神社で見かけます。
特に、海外からのご一行様に多いようです。

知っていると、見かけた時に
「作法が違うし、第一汚いじゃない」
と、気になりますよね?
(後半、ツッコミどころが違う?)


すみません、
私もいつもそう思うのですが
なかなか注意できなくて・・・

特に、相手が海外の方の時は、
「何て言おうか?」「どう言えば通じるかしら?」と
ためらってしまいます。

案外、ブロークンな英語でも
フランクに身振り手振りで言えば
良いのかも知れませんが・・・
我ながら、ヘタレです。


(またまた、つづく)


↓お手水向かって右に見える、白糸の滝
榛名初夏の滝




↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

榛名(はるな)・緑は続くよどこまでも
(前回の記事の続きです)

さて、榛名(はるな)神社の参道を、なおも進んでいき
ます。


周りはどこまでも緑、緑・・・
榛名の緑その2

榛名の緑
   

時おり、静まり返った中を
どこからか鳥の声が聞こえてきます。
チチチチ、ピィールルルル・・・

榛名の林

参道の途中には
七福神の像があちこちにあって、
興味のある方たちは、七福神めぐりも楽しむそうです。

↓ここにも、弁財天の像が見守っています。
榛名・弁財天の池


お土産屋さんも、もう店を閉じてしまって
ご神水の湧き水も、水琴窟も、
人影はありません。

なおも行くと、また途中にも鳥居があります。

榛名の参道途中の鳥居

お手水までは、もうすぐです。
(つづく)



↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる