fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
榛名(はるな)神社のお手水
(前回の記事の続きです)

さて、参道を登ること10分ほど、ようやくお手水に着きました。


↓榛名神社のお手水(傾いて見えるのは、写真のせいです・・・汗)
榛名お手水

色もデザインも、よくあるパターンと言えば、パターンなのでしょうが・・・
でも、
『丹塗り』(にぬり)と呼ばれる、鳥居や橋の、この赤い塗装、

周りのに、良く映えること!


緑の中の紅一点



も、それぞれ引き立てあって、見事ですね。

昔の人達が、塗装にこの色を選んだのは、
色があせないからとか
塗ったものが腐りにくいとか

さまざまな理由があるのでしょうが、
配色のこともあるのではないかと思ってしまいます。



ところで、このお手水を使うときの作法ですが


手順が貼り出されていない神社では、
意外に知られていないようです。


参考までに、お手水の使い方
下に示しておきますね♪

榛名お手水アップミニ


まずは、
?右手に持ったひしゃくで左手に3回水を注いで、左手をすすぐ。


次に、
?ひしゃくを左手に持ち替えて、右手に3回水を注いで、右手をすすぐ。

?再び右手に持ち替えたひしゃくで、左手に水を注ぐ

?左手で受けた水で口をすすぐ
(軽くです。うがいのように何回もやる必要はありません)

??を、合計3回繰り返す

?また、ひしゃくを左手に持ち替えて
右手に3回水を注いで、右手をすすぐ。

?ひしゃくを右手に持ち替えて、
さかさまにして、残りの水に柄を伝わせる。

  (つまり、ひしゃくの水で、ひしゃく自体を清める事になりますね。
  これまでの、手や口をすすぐのも、手や口を清めているという事です)

最後に、ひしゃくを元の場所に戻します。


ところで、
このうち?の『口をすすぐ』という部分ですが、

結構色々な方たちが
『水を飲む』ことと誤解されているようです。


中には、ひしゃくに直接、口をつけて
ごくごく飲んでいるご一行様も・・・

ツアーの添乗員の方が、率先して
観光客の方たちに、そう教えている光景も
珍しくありません。

榛名神社だけでなく、色々な神社で見かけます。
特に、海外からのご一行様に多いようです。

知っていると、見かけた時に
「作法が違うし、第一汚いじゃない」
と、気になりますよね?
(後半、ツッコミどころが違う?)


すみません、
私もいつもそう思うのですが
なかなか注意できなくて・・・

特に、相手が海外の方の時は、
「何て言おうか?」「どう言えば通じるかしら?」と
ためらってしまいます。

案外、ブロークンな英語でも
フランクに身振り手振りで言えば
良いのかも知れませんが・・・
我ながら、ヘタレです。


(またまた、つづく)


↓お手水向かって右に見える、白糸の滝
榛名初夏の滝




↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

榛名(はるな)・緑は続くよどこまでも
(前回の記事の続きです)

さて、榛名(はるな)神社の参道を、なおも進んでいき
ます。


周りはどこまでも緑、緑・・・
榛名の緑その2

榛名の緑
   

時おり、静まり返った中を
どこからか鳥の声が聞こえてきます。
チチチチ、ピィールルルル・・・

榛名の林

参道の途中には
七福神の像があちこちにあって、
興味のある方たちは、七福神めぐりも楽しむそうです。

↓ここにも、弁財天の像が見守っています。
榛名・弁財天の池


お土産屋さんも、もう店を閉じてしまって
ご神水の湧き水も、水琴窟も、
人影はありません。

なおも行くと、また途中にも鳥居があります。

榛名の参道途中の鳥居

お手水までは、もうすぐです。
(つづく)



↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

榛名(はるな)は今日も緑だった
こんばんは、うさねこです。

先週の半ばの休日に、また
群馬県西部にある榛名(はるな)山中腹にある、
榛名神社に行ってきました。

『また』と言うのは、
覚えておいでの方もいらっしゃるとは思いますが、
ここへは4月の末にも参拝して、
このブログにも何回かにわたって
そのときの記事をアップしているからですね。


休日と言っても、
たいていは日中のほとんどの時間を
家事や雑用に費やしてしまうので
外出できるのは、午後の遅い時間帯になってしまいます。

この日も、最初から榛名に行く予定ではなかったのですが、
前橋市の友人を訪ねるついでに、足を延ばしてみました。

(ちょっと待って、うささん。
前橋から榛名までは、車で1時間以上かかるでしょ?
ついでと言う距離ではないような・・・)

↑と、またもや自分で突っ込んでいます



そんなこんなで、榛名神社の入り口に着いたのは
午後4時半を回っていましたが、
幸い陽射しが延びているので、まだ十分辺りの景色を
眺めることができました。


最初の山門をくぐったときから、
空気はしんと静まり返り、
これまでの暑さがうそのように
涼やかな空気に包まれます。

参道最初の橋にさしかかったところ
   ↓   ↓   ↓
榛名参道の橋

橋を渡り終えて振り返ったところ
   ↓   ↓   ↓
榛名参道入り口


木々の緑が生い茂る場所は、空気が清浄化されるのでしょうか
それとも、パワースポットの威力でしょうか。


もう私のほかには訪れる人もなく
辺りはひたすら静かです。

榛名の緑

ここでは、今が新緑の盛りなのですね。
(つづく)


↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

榛名(はるな)・帰途につく
(今回の榛名シリーズ最後の記事です)

今回の参拝では、山門近くの駐車場がいっぱいで
車を停められなかったため、
少し道を下った場所にある『榛名歴史民俗資料館』の駐車場に停めてあります。

駐車場への道を下っていきます。

     帰途きときと・・・


駐車場へ下る途中の料亭。古い字体の表札です
榛名読めないよ お店の名前が読めません
 

     帰途きときと・・・


駐車場に到着。
 

こちらは榛名歴史民俗資料館にかかっている、榛名神社のカンバン。
榛名各国語 

説明が数ヶ国語でで書かれています。
上州の質朴な榛名神社にも時代の波は押し寄せて
色々な国の人が訪れるのですね。



という訳で、駐車場で車に乗り、後は無事に帰ってきました。


P.S. そうそう、今回私がした参拝なのですが

(普段はみなさんもカジュアルに、この方法で参拝すると思いますが)

お賽銭箱に小銭をチャリンと投げ入れて
拍手を打って拝む・・・という参拝は

正式な参拝、つまり
最初に祈祷を申し込んでお玉串を奉納し
本殿にあがり宮司さんに祈祷してもらう昇殿参拝と比較して

チャリンコ参拝とも呼ばれるのだそうです。
何だか本当に、カジュアルな呼び方ですね。^^;

徒歩や車の代わりに、チャリで行く参拝ではありませんのでご注意を。(そんな事わかるってば )


まあ榛名神社の場合、チャリンコに乗って参拝に行けるのは
よほどの超人 だけですね!

超人がこいだって、チャリも普通のチャリなら壊れるか・・・




今回の榛名神社というパワースポット行きは、思ったよりもずいぶん長いシリーズになってしまいました。
ここまでお付き合いしてくださり、有難うございました。m(__)m

それでは皆様、これからも楽しいGWをお過ごしくださいね!
(^_^)/~

※榛名神社について詳しくお知りになりたい方は公式サイトのこちらをどうぞ


↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

榛名(はるな)・『延寿亭』にて~その2
お待たせしました、『門前ざるそば』です。 
あまりクッキリとした写真ではありませんが、どうぞご覧ください。
榛名門前ざるそば 

メンの後ろの『かき揚げ』に注目!

この『かき揚げ』の具は、季節の食材を使っていますが、
やはり、その時によって違います。

まずは一口。

かすかなホロ苦さが口の中に広がると思ったら、
今回は、あの フキノトウ と玉ネギがメインでした。

フキノトウは、女将さんの庭に生えていたもので、
榛名(はるな)山では、今が旬だそうです。

("あの"って、どういう意味? とお思いの方は、過去記事『続・フキノトウを食べてみたら?』をご覧ください^^;)

メニューには温かい『門前かけそば』もありますが、
冷たいざるソバの方が味がくっきりして、メンの歯ごたえも良いですね。


ですので私は、冬もなるべくこちらを注文します。
全体の量は、女性にとってちょうどいい、
つまり
お腹にデザートのための空間を残してくれるだけの量でしょうか。
(※大盛りも頼めます)

当然、次はデザートとなります。(笑)今回は『おしるこアイス』を注文しました。

『おしるこアイス』?何じゃそれ?と、私も最初は思いましたが、この通り↓
榛名おしるこアイス アイスにおしるこが掛かって、チョコサンデー感覚。

写真では見えませんが、添えられた大き目の煮豆が、
ちょっぴり塩味が効いて、
アイスやおしるこの甘味とよく調和しています。
う~ん、美味しい・・・


至福の時を過ごし、レジで会計を済ませました。

あ、ここの女将さんね、いい人なんですよ。
「ウチは好きで、趣味でやっているようなもんだから、ブログで住所なんかの紹介はいいわ」
なんて仰るんだもの。

私のことも「おねえさん」と呼ぶので

思わず「おねえさんて、私のこと?
と聞き返しちゃったじゃないですか。

ますます、いい人です(笑)

もっとも、「おじょうさん」と呼ばれたら・・・


一発で振り返っていたけどね!(爆)

レジカウンターの下には、さっきの薬草茶がレシピ説明付きで
  ↓     ↓      ↓
榛名薬草茶レシピ  
下に薬草茶が2袋ありますね


入り口のカウンターには、地酒と薬草酒が並んでいます
榛名マタタビ茶 この中には、うさねこの好物が?

さて参拝も食事も済ませ、帰途に着きます。
(つづく)


↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる