fc2ブログ
<<05  2010/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
新手のドラえもんグッズ?
え? 
今、何て言った?
『ドラえもんホース』???


上司と修理業者の人が交わす会話で
ふと、耳にした言葉。
何だろう?
新手のドラえもんグッズかしら。
そんなグッズが、発売されたのかな?

思わず耳をそばだてる、筆者・うさねこです。


それにしても、ここは職場で
雑談をしているわけでもなさそうなのに
なぜ、そんな話題が出てくるの?

…と思ったら、何の事はない
『ドレンホース』のことでした。


『ドレンホース』と言うのは、私も最近知ったばかりですが、
皆さんおなじみの
エアコンから室外機まで伸びている
(普通は)グレーの、ジャバラ状のホースです。
呼び名がわからない場合には、
単に『エアコンのジャバラ』という人もいますね。

それの聞き間違いだとわかって、
内心一人で笑い&納得してしまいました。



でも、パソコンでも以前、
何かの無料ダウンロードサービスで
ドラえもんのツールバーが、あったような気がするのだけど・・・
そんな記憶があったせいか、早口で発音された言葉を
聞き間違えてしまいました。

よかった、傍から口をはさまなくて(^_^;)




しかしまあ、世の中、何かの拍子で
全然関係ない言葉やうっかりすると
正反対の言葉に聞き間違えられるというのは
よくある事ですね。


私の、東京での音楽講師時代に
同じ職場の同業者達で、会食をしていた時のことです。

長方形の長いテーブルの一番端に座っている大先輩に
誰かが訊ねました。
「○○先生、今度××コースのレッスンを見学させて頂けますか?」

すると、三田佳子をさらにゴージャス&個性的にしたような
麗しの大先輩は、いつものようにニッコリと微笑んで
一言、
「かまわないわよ」
と、ラブリーな口調でお返しになりました。

すると、長いテーブルの向こう端にいる同僚達は
「え?」と、不思議そうな反応。

なんと、大先輩の返事が
「がまんできない」
と、聞こえたのだそうです。




(自分のレッスンを見学されるなんて)
「がまんできない」
あの優雅な方が、そんなお答えをするとは、これいかに?

と、向こうの席の人たちは思ったそうです。



いえ、私を含め
大先輩の近くに席を取ったメンバーには
ちゃんと、「かまわないわよ」
と聞こえたのですが・・・

テーブルの、ある一定の距離より向こうでは
「がまんできない」
と、まるで正反対の言葉に聞こえていたんです。


まあ、お互い日頃のキャラを知り尽くしたメンバーばかりだったので
この、ちょっとした誤解(?)はすぐに解けて

笑い話ですみましたが、


聞き違いのお陰で、色々な悲喜劇が生まれたりして

場合によっては
怖い事もありますね。



でも

世の中そんなこと言って
怖気づいていたら、生きていけないさっ



とりあえず
誰かの言葉を不審に思ったら
いきなり思い込まずに
よく確かめる事は大事ですね。

ここで一句
《面白く 時に悲しき 聞き違い》
今回は腰折れで失礼します(汗)





P.S. 私が聞き間違えた『ドラえもんホース』ですが・・・
もしも実際にあったら、一体、どんなものでしょうね?

たとえば、このホースから出る水は
車のどんな汚れでもすぐに落として
ピカピカに洗い上げるとか

どんな燃え盛る火事でも
一瞬に消してしまうとか。


それとも
言葉を少しだけ変えて
『ドラえもんフォース』にすれば
目に浮かぶのは

のび太にフォースの使い方を指南する
ドラえもんの姿・・・


う~ん、いかんいかん

出てくるのは、我ながら、平凡なアイデアばかり。
せっかくのドラえもんグッズなら、
もっと、楽しくて意外なことに使えるグッズでなくちゃね。
・・・うさねこはまだまだ、想像力が足りません。

この記事を読んだ方も
『ドラえもんホース』って
どんなものになりそうか
良いアイデアが浮かんだら、教えてくださいね。


ではまた、おやすみなさい



←ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

スポンサーサイト



今、食べ物の中身は?
今は、昔からは考えられないほど、
アレルギーを抱えた大人や子供は多くなっていますね。
(筆者も、その一人ですが)

食品にしても
外食のメニューにも、食品の袋にも
卵・牛乳は言うに及ばず、小麦やソバ粉などが含まれているか

同じ製造器具で、アレルゲンとなる食材も処理されている可能性があるとか など
事細かな表示は、今や当たり前な世の中。


昔は、アレルギーを起こす子供はごく一部だったのに
今は、なぜこんなに沢山の患者がいるのかは
生活習慣、特に食の変化が大きな原因だと
言われていますね。

確かに、どんなものを食べるか
その品目自体も
変わってきていますが、

一つの食材の中身も
それが出荷されるまで、どんな作られ方をしてきたのか

・・・それも、大きく変わっています。


たとえば、卵にしても
それを産む鶏は、昔のように庭を駆け回り
自分で地虫などのエサを取っている訳ではないし。

牛も、乳牛・肉牛のどちらも
抗生物質入りの合成飼料を食べて育ちます。

だから、一見同じようでも
細かく成分を分析したら、一体どういう結果が出てくるか?

野菜も、育てる環境で、栄養成分の量が違うと言うし
品種改良の影響で、逆に栄養が強化されたものもあるそうですし、
もう、昔とは全然、違うわけです。


最近、ある本で紹介されていたことですが、
卵アレルギーに悩む子供達に
昔ながらの方法で育てた鶏が産んだ卵を食べてもらったところ

アレルギーは起こらなかったそうです。
(牛乳でも、同じ結果が出たように記憶していますが)

以前、狂牛病が流行した時に
原因は、家畜に肉骨粉入りの飼料を与えていることに
あるのではないか、という意見が出たこともありましたね?

要は、家畜にしろ、人間にしろ
その生き物本来のあり方から外れた生活
(この場合は、主に食生活)を強いると
結局は、どこかにひずみが出てくる、と言うことでしょうか。



そういうことを知ってしまうと、
私などは余計に
気をつけざるを得ません。



ですので、多少高くても、
野菜は国産品を買うし
ソーセージなども、見かけの色にこだわらず
なるべく発色剤や防腐剤などの添加物を使っていないものを選びます。


生協の宅配を利用しているのも、そういう理由からです。
(そういう面からでも安全ですが、
とにかく美味しい!という理由も、もちろん大きいですね)

(私が利用しているのは、生協の中でもパルシステムというものです)

皆様も、色々な食品があふれている世の中だからこそ
食べ物には、充分気をつけてくださいね!


ここまで読んでいただき、有難うございました。
では、ひとまずこれで



↑ランキングに参加しています。
良ければ応援クリックをお願いいたします。 

前回からの続きです)

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる