fc2ブログ
<<08  2010/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
女は愛より何を取る?~月にいるのは・その2
(前回の記事『月のウサギは、何見てはねる~月にいるのは』の続きです)
9月29日追記:ようやくキャプチャーの方法がわかり、この記事にも画像を入れました。
すでにこの記事をご覧になっている方も、良ければもう一度見てくださいね♪


こんばんは。
23日の満月から、早くも2日が経ちましたね。
当日は前夜からのあいにくの豪雨でしたが、
こちらの地域では午後8時には雨が上がり、月を見ることができたそうです。

みなさんの中には、お月見に間に合って
お供えをされた方もいらっしゃるでしょうね。


さて、ここで「できたそうです」と言ったのは、
うさねこは夕方からちょっとだけひと寝入りのつもりで、そのまま眠ってしまったため、
夜中に目が覚めた時はすでに空は再び曇ってしまい、
満月へのお目見えはかないませんでした。

今夜も、綺麗な金色の月が出ていて
写真に撮ろうとしたのですが
レンズに写る月が、あまりに小さくて
目には大きく見えても、実際に、月が夜空に占める割合って
本当は、少ないのだな…と、妙なところで納得してしまいました。

良い写真が撮れたら、これ幸い
ブログにアップしようという狙いは、はかなくも消えてしまい
かくして、今日もこの記事は文字だけとなりました。
(9月29日追記:現在は画像があります)

まあ、そんなこんなにもめげず、お話を続けましょう。



前回の記事でも触れましたが、古代中国では、
月には玉兎(ぎょくと)と呼ばれるウサギのほかに、
桂男(かつらおとこ)と呼ばれる男や
嫦娥(じょうが)という仙女が住んでいると考えられていました。


このうち、まず桂男というのはどんな存在か。

桂男とは、月の模様を、刈り取った桂の木を背負った男の姿に見立てたもので、
中国の唐代の古書によれば、桂男は西河出身の人間で、仙法を学んでいたが罪を犯したため、月で桂の木を刈り続ける罰を与えられたと言います。
       
この話も、元をたどれば月のウサギと同じく、インドの説話に行き着くそうです。



一方、月の仙女、あるいは月精とも月の女神とも言われる嫦娥について触れてみましょう。


 嫦娥とは、もともと、ゲイという男の妻でした。
ゲイは弓の名手でしたが、あるとき10個の太陽が出現して
世界を焼け焦がし、多くの生き物が暑さに苦しみ、死ぬという大災害が起きました。

そのときにゲイは10個の太陽のうち9個まで射落として世界を救ったため、
西王母から不老不死の妙薬をもらいました。

ところが妻の嫦娥はその薬を盗んで、逃げてしまったのです。
嫦娥は薬を飲むと身体が軽くなって、月に昇ってしまいました。
ジョウガとゲイ


というお話が伝わっています。




これだけ聞くと、嫦娥はとんでもない女性だと思いますね。
一体なぜ、夫であるゲイに黙って、薬を盗んだのでしょう。

そんな女性が、月に昇天してから、なぜ
月の仙女、あるいは女神になれるのか
いや、なっていいものか。

私も長いこと、そこの部分が、疑問でしたが…




探してみると、
他にこんな話がありました。





嫦娥はもともと月の神で、夫のゲイは戦いの神でしたが、
10個の太陽は天帝の息子たちが姿を変えていたずらしたものであったため、
ゲイは天帝の息子たちを射殺した罰で、夫婦ともども神性を失い、
天に戻れなくなりました。

そこへ西王母が天に昇る霊薬を持っているという話を聞き、
ゲイはそれを分けてもらいましたが、
この薬が一人分しかなく、夫婦で天に返るには足りないので、
迷ったゲイは薬を隠し持っていました。

しかし、嫦娥は夫を愛してはいたものの、
天での暮らしを忘れられなかったので、
天に帰りたい気持ちが勝って、
ついに夫から薬を盗んでしまった

…という訳です。

(ついでながら、嫦娥が薬を飲んだ日が
旧暦8月15日の、月が一番明るい日だそうです)



     なるほど、そうだったのか。
     元々は女神だもんね。

     天での暮らしが恋しかった…
月に焦がれるジョウガ



   愛する人との暮らしよりも、豪華な暮らしを選んだ女性。

     そういう点では、
     オペラの『マノン・レスコー』のヒロイン、マノンみたいだなあ。
     (私とは、価値観が違うけどさ…)




あ、また、話がそれました。



ともかく
私は、嫦娥とゲイが本来は神だったという説が、
この伝承の一番古い形なのではないかと思いますね。





このお話は民間伝承なので、色々なバリエーションがあります。

たとえば、
嫦娥は月に昇天してからは、月宮殿と呼ばれる宮殿に住んでいるとか

あるいは、月に昇ったものの、他にいるのが桂男と玉兎だけなのでさびしくて
8月15日を懐かしんでいるとか…

嘆きのジョウガとウサギ


月へ昇る嫦娥についての、その他のバリエーションも、次にご紹介しましょう。

(またまた、続く)


最後までお読みいただき、有難うございます。

3つのランキングに参加しています。
この記事が何かしら良いとお思いでしたら、ポチっと応援お願いします

↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ 人気ブログランキングへ 

    応援ありがとう

関連記事 『満月の夜に寄せて』
スポンサーサイト



テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる