fc2ブログ
<<10  2010/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
季節はずれの・・・?!
ちょっとちょっと

温暖化か何だか知らないけれどさ、
近頃はとんと地球がまともじゃないって言っても
これはないだろ


あんた、いつも子供を連れてるのは
春先じゃなかったかい、
これからは寒さが増して
カエルも蛇も土ん中へ潜っちまうんだよ

なのに今どき子供を外へ出してさ
どうするんだい、こごえちまうよ
おタケさん


待っておくれよ
この子ぁアタシんちの子じゃないよ
良く見ておくれ
おサトさんちの子だよ



・・・・・は?




こんにちは、うさねこです。

最近、↓こんなものをもらいました。

タケノコ?


タケノコではありません。
一見間違えそうですが、これは竹の子芋といって、
里芋の一種です。



どうです、この造形。
お前は一体、何のために竹の子に擬態したんだ
思わずツッコミたくなりますね。

こんなお芋があったなんてと
何だか感激してしまいました。


で、どんな風に料理するのか?
緑色の部分も一緒に料理できるのかと聞いたら、

   とにかく全体を一緒に
   煮付けてしまえばいいんだよ

そう言われて、この竹の子芋で煮物を作りました。


表面の皮をむいたら
たけのこ芋 半分皮むき


あらら
むかれたたけのこ芋

中は本当にサトイモだ。

たけのこ芋 断面
根元(?)を縦に切った断面です

もらってから日数が経っていたため、芯の白い部分を除いて
周囲はスが入ったような状態になっています
(新鮮な状態では、白いのだと思いますが)


緑色の、葉のような部分が珍しくて
この色を残したかったので
味付けには、普通のお醤油ではなく、白醤油を使いました。


人参や他の食材と一緒にナベに入れて
タケノコ芋 なべの中

あらら、シイタケまで最初から入れてしまった


・・・あわててシイタケには、一旦ご退場を願い
改めて火にかけ

タケノコ芋 煮物
出来上がり。

(煮すぎてしまって、少々表面が煮崩れしているのは、ご愛嬌と見てくださいね)



  と

    おや?

あのは、どこへ行った。

印象的だった緑の部分が、見当たりません。
よく見ると、手前の白い芋に
わずかに黄緑がかった薄茶色のもの
付着しているような、いないような・・・

これがあんなに分厚かった
緑の部分の、成れの果てでした。


つまり、あの部分はほとんど全部が
水分からできていたんですね。
煮られて、水分を失って、このとおりになってしまったという訳です。


あ~あ、これでは普通のサトイモの煮物と変わりないではないか。

あてが外れながらも、味見をしたら
美味しいんですね、これ。

普通のサトイモよりネットリして甘味もあり、上品な味わいです。


むむ、おヌシ、ただ者じゃないな。


そこでネットで検索して見たら、この竹の子芋は
別名、京芋とも呼ばれるそうです。
主に宮崎県で栽培されているそうですが、京都の精進料理に良く使われるので、
この別名があるのだとか。


京都の精進料理にねえ。
確か、これは私の地元、群馬で採れたお芋ですが
これが、そんな上品なものだったなんて、ちょっと嬉しい。


実家に持って行った所、やはり両親にも好評でした。


そう言えば、京都を紹介するTV番組で
京芋を使った料理も見た覚えがありますが
ネットの画像も含めて、今まで見たことのある京芋は
まるで長いサトイモという感じで、
今回のように、色といい形といいまるで、タケノコのようなそれとは違ったため、
同じものだとは分かりませんでした。


でも、京都の人たちは、きっとおなじみなんですよね、このお芋。

京都に行って精進料理を注文したら、
このお芋に出会えるかしら。
京の都にふさわしい味付けで・・・

ああ、うさねこの妄想想像はふくらむのであった。


P.S.土曜日は風邪がぶり返したため、終日家にいました。元気なら、また榛名(はるな)神社へと思っていたのに、それもならず。
金曜日に引き続いて、暖かな快晴の日だったのに。
先月下旬に行った時の記事でよければ、1~2回でアップしたいと思っていますが。


最後までお読みくださり、有難うございます。
コメントを頂くと、とても励みになります。お返事が遅れるかもしれませんが、どうぞお寄せくださいね。

3つのランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします


↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ 人気ブログランキングへ 

    応援ありがとう
スポンサーサイト



ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる