<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死せる女神のためのパヴァーヌ
みなさま、こんにちは。

前回の記事『空にかかるは』から数日、
早くも8月が何日か過ぎてしまいましたね。

相変わらず暑い日が続き
なんやかやで記事を更新できずにいるうちにも
沢山の方にご訪問いただき、有難うございました。m(__)m

これまでお付き合いのある方はもちろんの事、
初めての方たちのご訪問やコメントを頂きまして
本人はもう、とっても感激しております。(/_;)


さて、今回の記事も
よろしくお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたしますね。




さて


先日の記事『空の女神』『空にかかるは』で、
を取り囲んで稲妻が光るさまを
雷神たちに護衛された女神のよう、と
表現しましたが


実は、この連想の元になるイメージがありまして…




連想の元になったイメージ




それは








日本神話に登場する女神

イザナミノミコトです。


兄神であり、また夫神でもあるイザナギノミコトと共に
日本の国を作り、島々を生み
沢山の神々の母となった
偉大な女神さまです。


(ついでに言うと、イザナギノミコトとイザナミノミコトは
を渡って下界へきたのよね(^_^))


ですが、イザナミノミコトは
火の神を出産したときのヤケドが元で亡くなられ
黄泉(よみ)の国へ下ってしまいます。

神話では、黄泉(よみ)の国にある死せるイザナミノミコトの身体のあちこちに
八種類の雷が発生して守っていますが、それは
夫神であったイザナギノミコトが逃げ出すような
恐ろしい光景として描かれています。


イザナミノミコトは
死後の世界を司る黄泉大神(よもつおおかみ)の別名も持っています。



もちろん、一般的には良いイメージではありませんね。



え?
雷に守られていることを抜きにすれば
あの記事のとは、大違いですって?


はい、私もそう思います。^^;

実際、オカルトアクション系のコミックでも
イザナミノミコトは、恐ろしい死の女神として描かれることが多いようですね。

                  (つづく)

P.S. ここまでお読みくださり、有難うございます。

まだ途中の記事ですが、コメントいただければとても嬉しいです。
思ったことなど、どうぞお寄せくださいね。



更新の励みになりますので、ポチっと応援、お願いします

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

死せる女神のためのパヴァーヌ
タイトルがポエティックで美しいですね。うさねこさん詩人なのね。

あんなに仲良くてらぶらぶだった二人が、憎み合う関係になってしまって、へたに黄泉の国なんていくものではありませんね。やはり生きた人と黄泉の国の住人は一線をひかないとお互い不幸になると言う教訓でしょうか。オルフェウスとエウリディーチェもそうだったし。イザナミのヨモツヒラザカでの出来ごとなんて、もう妖怪ドラマのような凄まじさで、これがあの美しい夫婦のなれのはてか・・と思うとすごく悲しいものが・・・
死者は死者として葬って、美しい思い出のよすがに浸った方がロマンス的にはいいですね。でも、人だけでなく神もまた生に執着をもつ生き物なんですね。(笑)ぽち
日本神話って詳しくないので、続き待ってます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
雷に守られたイザナミノミコトのエピソードを例え知っていたとしても、三代目にはあの虹のイメージは浮かばなかったと思います。

うさねこさんはやっぱり詩人の心をもつ方なんですよ☆

子供を産んで死んじゃって、夫にも嫌われて、恐ろしいイメージで語り継がれていくなんて、イザナミさんはお気の毒ですねww

続きをワクワクしながら待ってます☆
>.>美雨さん
こんんばんは、お褒め頂き有難うございます。

私も、この神話の前半と後半でのイザナミノミコトの変貌ぶりに、戸惑いを覚えた一人です。
ですので、未だまとまりきらないまでも、何とか自分の考えをここに述べてみました。

神話の意味するものは多義的で、色々な事が読み取れると思います。
その人によっても、その時によっても…
本当に奥深いのは神話ではなくて、実は人の心なのかも知れあせん。



> タイトルがポエティックで美しいですね。うさねこさん詩人なのね。
>
> あんなに仲良くてらぶらぶだった二人が、憎み合う関係になってしまって、へたに黄泉の国なんていくものではありませんね。やはり生きた人と黄泉の国の住人は一線をひかないとお互い不幸になると言う教訓でしょうか。オルフェウスとエウリディーチェもそうだったし。イザナミのヨモツヒラザカでの出来ごとなんて、もう妖怪ドラマのような凄まじさで、これがあの美しい夫婦のなれのはてか・・と思うとすごく悲しいものが・・・
> 死者は死者として葬って、美しい思い出のよすがに浸った方がロマンス的にはいいですね。でも、人だけでなく神もまた生に執着をもつ生き物なんですね。(笑)ぽち
>>クロスリバーの欠片 さん
お忙しい中、コメントを有難うございます、(^_^)

> 日本神話って詳しくないので、続き待ってます

自国の神話なのに、なぜかマイナーな存在ですね。
私も触れるのには少しちゅうちょしましたが、みなさんの声を聞くと続きを書く励みになります。

続き、仕上げますね。(^^ゞ
>>鍵コメさん
有難うございます。
>>三代目さん
> 雷に守られたイザナミノミコトのエピソードを例え知っていたとしても、三代目にはあの虹のイメージは浮かばなかったと思います。
>
> うさねこさんはやっぱり詩人の心をもつ方なんですよ☆

そうですか、有難うございます。
詩なんて、自分には縁遠いものと思っていたのですが、みなさんのブログを見るうちに何か開発されたのでしょうかね。

> 子供を産んで死んじゃって、夫にも嫌われて、恐ろしいイメージで語り継がれていくなんて、イザナミさんはお気の毒ですねww

そうでしょ、そうでしょ?
ですのでイザナミの女神様の復権(?)も兼ねて、この記事を書いています。^^;

> 続きをワクワクしながら待ってます☆

どういったまとめ方になるかは、私本人にもまだ未定です。^^;
タイトルも、実は土壇場で今のタイトルが浮かんできたので…(汗)

こういうときは、こざかしく考えるより、無意識からの流れに身を任せる事にしています。
ではまた(^^ゞ
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。