fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
うさうさ八幡~トラックバックテーマ「お守りやおみくじは、いつも持ち歩いていますか」第1059回その2・お守り篇
こんにちは。(こんばんは?)
前回のトラックバックテーマ「お守りやおみくじは、いつも持ち歩いていますか」の『その1・おみくじ篇』に続いて、今回は『その2・お守り篇』です。

宇佐八幡のお守り 


お守りですが、私の場合、普段は買いませんね。というのは、おみくじよりもお値段(初穂料というのでしたっけ?)が張るので…^^;

めったに行かないような遠方の神社に行った時は、お土産や記念として、手ごろな値段のものを買ったりします。
小さなお守りは、肌守りとして身に付けたり、お財布に入れておくのだと言うので、お財布に入れたりします。

さて、上の写真は、大分にある宇佐神宮(通称・宇佐八幡)の交通安全のお守りです。


可愛いでしょ?


今回は、このお守りを手に入れたときのお話です。


☆彡☆彡☆彡

それは、ある年の秋の事。
時刻は、深夜をまわる頃。

関東の某所から、一台の乗り合わせの車が旅立ったと思いねえ。
(なぜここで江戸っ子口調になるのかは不明)
目指すは、遠く九州は大分の地にある、宇佐神宮。

もちろん、筆者・うさねこも乗り込んでいました。
今までになく長時間になるであろう旅行に、目的地に着くのは夕方だよと聞かされて、それ相応の覚悟と備えはしていましたが…

それはもう、長い旅路でした。

窓ガラス越しに入ってくる、暖かな、と言うより
季節に似合わない、強い日差しを終日受けながら
なぜか、何時までたっても道中の行程が進まない

確か、夕方には到着すると聞いていたのに
今、もう午後の3時ですよ。
なのにまだ、本州ですか?
何時になったらたどり着いて、休めるの?

…という感じです。
まあ、車と言うのは電車と違い、交通事情に左右される度合いが大きいのは、承知の上ですが。

途中で入ってくる情報では、到着予定時刻が
その都度、後へ後へと修正されていく。

ああ、うさうさ八幡、宇佐八幡。
いつになったら着けるのか。

(この続きは、下の《続きを読む》をクリックしてください)

3つのランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、ポチっと応援お願いします

↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ 人気ブログランキングへ 

    応援ありがとう じりじりと照りつける太陽も沈み、
夜になっても何時間も走り続け…
ようやく到着したのは、夜中近くの時刻でした。
(予定では、その何時間も前に到着の予定だったのですが)

途中で何度か休憩はあったものの、こうも一日中、車に乗っていたのは初めてでした。

そして、睡眠を取ったのも束の間、翌朝はお目当ての宇佐神宮に参拝して、
あわただしくトンボ帰りという事に。

それでも、初めて参拝した朝の宇佐神宮は、空気も澄み切って
どことなく柔らかい、洗練された雰囲気の神社でした。
風格も漂い、さすがに全国の八幡宮の総元締め、もとい、総本宮だけの事はありましたね。

※10月13日17時追記:宇佐神宮の写真は、こちらの記事→に出ています。(小さい写真でごめんなさい)


時間帯の関係で、昇殿参拝はしませんでしたが、
そこでみんな、それぞれのお祈りをして
お守りやその他、思い思いのお土産を買い
参道のお店で名物の団子汁を食べて(そこでもまたもやお土産を買い)、
帰途に着いた訳ですが、
帰りにかかった時間がまた、長かった。

前日と同じ、窓ガラス越しに照りつける日差しの下
日が暮れてからは、高速道路のライトの下
隣の車線の車が、次々に私たちの車を追い越していくように見えるのは、
気のせいだろうか。
なんか、車が遅いようなんだけど。

途中休憩で他のメンバーから話を聞くと、
え?まだ、道程の半分ですか?
だってもう、こんな時間だよ。

渋滞しているのかなあ。
それとも、安全運転に徹しているのかなあ。

そんな考えが、たまに頭をよぎれども、ほとんどは眠気に打ち負かされて寝ていました。



それにしても、行きにかかった時間を考えると、もうそろそろ着いてもいい頃なのに…

途中で入ってくる情報では、出発地点に戻る予定時刻も
その都度、後へ後へと修正されていくばかり。


明日は仕事なんだけど…

このままでは家に帰って、布団の中でちゃんと睡眠を取ってから出勤するなんて無理みたい。
ってか、それ以前に会社に間に合うような時刻に、果たして、戻れるのか?
不安が頭をもたげてきます。

それでもウトウトしているうち、どれだけ時間が経ったのか
ようやく、出発地点に戻ったと言う声が。


すでに日付も変わり、あれは一体、何時だったか…
ようやく下車できた時は、ずっと座りっ放しですぐには歩けない私たち年上のメンバーを尻目に、うら若い女子大生のFさんは、颯爽と去っていきました。
(若さとは、素晴らしい)

うさねこはと言えば、自分の車を停めてある駐車場まで友人の車で送ってもらい、ようやく家に着いたのは、もう夜が明ける頃でした。
そこで仮眠を取ったか取らなかったのか、もう記憶が定かではありませんが
その日は何とか無事に出勤して、仕事をしたと思います。

これって、やっぱり神様のお陰かしら?
…なんてね(笑)



ところが
これには後日談がありました。


同行した他のメンバーから聞いたのですが、
みんな疲れて寝ている中、ふとその方が運転席に目をやると

なんと、ドライバーの頭がコックリコックリと前後に揺れているではないか。

つまり、ドライバーは車を運転しながら
同時に、船もこいでいたと言うわけです。

(おいっ)

その方は、他のメンバーが不安になるといけないので
黙っていたそうですが

(さすがに、隣には長時間の運転に備えて、もう一人控えていましたが、その人も眠っていたのでしょうか?)

(ってか、自分で起こしてくれよ)

そんな状態で、事故を起こすこともなく、よくぞ全員無事で生還できた事よ!


ああ、うさうさ八幡、宇佐八幡。
これも、宇佐の神様のお陰かしら?

あの時は他のメンバーもみんな、何かのお守りを買って持っていた事だし、
うさねこもその時、珍しくお土産に交通安全のお守りを買っていたのでした。


そしてこの記事の、↑の写真が、その時に買ったお守りの一つです。

今回思い出して、車のフロントガラスに吸盤で付けようとしましたが
なぜかすぐに取れてしまい、付けることができません。

小さいものなので、フロント部分にでも置くことにしましょうか。
だって、可愛いから…


☆彡☆彡☆彡



そんな訳で、今回の記事はここまでですが、如何でしょう。
スリル、感じていただけましたか?


今回は、記事も宇佐への旅路ばりに長くなってしまいました。ではでは、この辺で

最後までお読み頂き、有難うございました。

3つのランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、ポチっと応援お願いします

↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ 人気ブログランキングへ 

    応援ありがとう
P.S.しっかし、考えてみると
怖い話だよね、これ…

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
無事に帰ってこれて何よりでしたね。

私も登龍門の御守が大好きで大事にもっております。

メロンパンの話やらどくだみ茶。。
楽しく読ませてもらっております。
可愛いお守りですね
こんにちは^^

ピンクのお守り可愛いです。
実は私もピンクのお守り持ってるのです。
6月に伊勢神宮に参拝した時の物です。

お友達が居眠り運転ながらも無事に帰宅出来たのは
お守り効果だったかもしれませんね。
怖い話しですが、良かったですね~
ちわわんさんへ
こんにちは。コメント頂き、有難うございます。

> 無事に帰ってこれて何よりでしたね。

はい、お蔭様で…ドライバ^の舟こぎは、知っていたら不安でたまらなかったでしょうね。

> 私も登龍門の御守が大好きで大事にもっております。

京都は鯉山の登竜門ですか。きっと素敵なお守りなのでしょうね。
気は心といいますが、お守りは、見るだけでも気持ちを引き立ててくれる色が多いですね。

> メロンパンの話やらどくだみ茶。。
> 楽しく読ませてもらっております。

あはは…こんなブログですが、これからもよろしくお願いいたします。"^_^"
Re: 可愛いお守りですね~ちゃおドンさんへ
こんにちは。コメント頂き有難うございます。

>ピンクのお守り可愛いです。
> 実は私もピンクのお守り持ってるのです。
> 6月に伊勢神宮に参拝した時の物です。

ピンクのお守り、お持ちですか。しかも、伊勢神宮の!
あそこの玉砂利を踏みながらの参拝も、気持ちが引き締まっていいものですね。

伊勢と言うと、厳かな感じがしますが、そんな可愛い色のお守りもあったのですね。どうぞ大事にされて、これからも良い運が回ってきますように。^^

> お友達が居眠り運転ながらも無事に帰宅出来たのは
> お守り効果だったかもしれませんね。
> 怖い話しですが、良かったですね~

本当に、あんな長距離をよくぞ無事で…
知っていたら、こちらは眠るどころではなかったでしょうね。
みんなのお守りに、感謝です(?!)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
え~~~!?
うさねこさん、これは「実は実話」ですか?
宇佐八幡って本当なんですか?この名前!!ビックリです。
そして....ドライバーが運転中に、船をこいでたとは、よくぞご無事で....
うさねこさんは神様にしっかり守られてるのですね。
この可愛いピンクのお守り、大切になさって下さいね。
No title
おおー、守られていたと云うことです。

親父に聞いた話です。

十二人の兄弟でした。
その家は女の子ばかりで、末にようやく男の子が生まれました。
両親は大変喜び、そこらじゅうの神社のお守りを、その子の首に掛けさせていたそうです。
ある日、トラックの荷台に兄弟全員で乗っていた時に、踏切事故にあいました。皆投げ出されて即死だったそうですが、その男の子だけ、無傷で助かったそうです。
新聞にも載った大事故だったと話していました。

お守りって本当に守ってくれると思う。
うさねこさんも守られたと思うよ。
No title
無事帰って来たから良かったものの、ドライバーの人は気を付けてほしいものですね。
人の命を預かっているわけだし。
お守りも自分では買いませんね。
鍵コメさんへ
こちらこそ、よろしくお願いいたします。(^^ゞ
かえるまま21さんへ
こんばんは。

ままさんをびっくりさせてしまいましたか。
はい、実はみんな実話です。

宇佐神宮は、大分県の宇佐市にあります。「宇佐」という地名のの語源は「麻」だそうですよ。
このブログのタイトルも、一つにはそこから来ているんですよ。(※最初は「うさ日記」でした)

> うさねこさんは神様にしっかり守られてるのですね。
> この可愛いピンクのお守り、大切になさって下さいね。

はい、本当に命拾いをしました。お守りは大切にします。
ブログ開設間もない頃の記事『髪の毛を切りたい』で、「うさの髪」と一発変換しようとしたら、見事に「宇佐の神」と変換されました。
宇佐の神様は、きっとまだお守りと一緒に守って下さっているのですね。(笑)
ぴゅうさんへ
こんばんは。今日もコメ有難う。

守られていた…そうですね。本当に、生還できたのは奇跡かも。
しかし、ぴゅうさんのお父さんの話もすごい。
その末っ子さんが助かったのは、お守りの他にも、その子の両親の思いのせいもあるでしょうね。
(愛の生霊?)

イザという時に不思議なことが起きるって、ありますよね。

それにふさわしく、日頃の行いを良くしよう。(笑)
No title
それはーすごいスリルですね!
無事に帰りつけてよかったですー(TT)

前回予告で想像していた以上のスリル(笑)でした。
ジュリアルーシュさんへ
こんばんは。いつもコメントを有難うございます。

> 無事帰って来たから良かったものの、ドライバーの人は気を付けてほしいものですね。
> 人の命を預かっているわけだし。

そうですね、疲れもあったのでしょうが…
このことを聞いたのが何日も経ってからで良かったです。
でなかったら、知った人はパニックだったでしょうからね。

今後は、ドライバーの居眠り自体が無いように、そこからお守りに願いをかけないとね^^;

> お守りも自分では買いませんね。

さすが、ジュリアさん。(^。^)
大阪の人は合理的なのでしょうか。

また、遊びに来てくださいね。(^_-)-☆


のりさんへ
こんばんは。コメントを有難うございます。

> それはーすごいスリルですね!
> 無事に帰りつけてよかったですー(TT)

そうでせう、そうでせう。結局、翌日の出勤に間に合うとか、そんなレベルでは無かったわけですからね。

> 前回予告で想像していた以上のスリル(笑)でした。

期待を裏切らないでよかった(?)です。
本当に眠気は大敵ですね。自分でない自分が顔☆を出さないよう、睡眠と眠々打破をたっぷり取って備えましょう(^_-)-☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
その状態でもし事故になっていたら大事故でしょうからね、本当に守ってくださったんですね☆

お守りって、一回守ってくださったらパワーは切れてしまうんですかね?それとも継続的に力を秘めてくれているものなのでしょうか?^^

うさねこさんの「うさ」が「宇佐」だとすると、「ねこ」はなんでしょうね?高知県の須崎にある神社からでしょうか?^^

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
そうでしたよね、うさねこさんのHNは、うさうさ八幡、宇佐八幡からいただいたものでもありましたね。(●^o^●)
懐かしいです、宇佐八幡。すごく暑い時期にいったので頭がボーとしてましたが蓮のお池がすごくきれいで癒されました。半端なくおおきいんですよね、蓮池も、蓮の大きさも・・・
祈祷待合室の阿修羅王がなにげにすごい迫力で、叱られてるみたいに思えました。うさねこさんもすてきなインスピレーションをたくさん得られたようでよろしかったです。(●^o^●)こんなかわいいお守り、知らなかった気がする・・・(ToT)
三代目さんへ
こんばんは。お忙しい中コメントを有難うございます。

ええ、宇佐への道中は、本当に守られていたとした言いようがありませんね。^^;

お守りの効力は、一回限りというのではなくて、ある程度の期間持続するようですよ。
壊れたり紛失した時は、お役目を終えたことになるのでしょうけれどね。

> うさねこさんの「うさ」が「宇佐」だとすると、「ねこ」はなんでしょうね?からでしょうか?^^

わあ、そこまでの神社マニアではありませんよ…確かに「宇佐」の意味もありますが、元々は昔飼っていたv-283のことです。
しかし、「高知県の須崎にある神社」とは、さすがに色々お詳しいですね!
早速、検索してみたら、出てきましたよ、「猫神社」。こんな神社があるとは、日本は広いですね。
良い情報を教えてくださり、有難うございました。"^_^"
最初の鍵コメさんへ
こんばんは。どうぞお大事になさってくださいね。
2番目の鍵コメさんへ
コメント有難うございます"^_^"
美雨さんへ
こんばんは。いつもお優しいコメントを有難うございます。

> そうでしたよね、うさねこさんのHNは、うさうさ八幡、宇佐八幡からいただいたものでもありましたね。(●^o^●)

おっしゃる通りです。この時は「うさ」という名だった亡き愛猫と同じ名の神社にお参りするというので、一人で盛り上がっていました。

> 懐かしいです、宇佐八幡。すごく暑い時期にいったので頭がボーとしてましたが蓮のお池がすごくきれいで癒されました。半端なくおおきいんですよね、蓮池も、蓮の大きさも・・・
> 祈祷待合室の阿修羅王がなにげにすごい迫力で、叱られてるみたいに思えました。うさねこさんもすてきなインスピレーションをたくさん得られたようでよろしかったです。(●^o^●)こんなかわいいお守り、知らなかった気がする・・・(ToT)

美雨さんも行かれたことがあるんですね。私の時は晩秋で、蓮は楽しめませんでした。(*_*)
昇殿はしなかったため、祈祷待合室の阿修羅王にも会わずじまいです。
阿修羅王の像と言えば、興福寺の像しか思い浮かべることができない私…(T_T)
光瀬龍のSFに登場する、少女の姿を取った阿修羅王は印象に残っていますが、あれも興福寺の像がモデルでしたね…^^

お守りは、他にもっと濃い色もあったのですが、お土産として他の人に渡しました。どれも綺麗な色で、垢抜けたデザインでしたよ。美雨さんがご自身のブログで仰れば、ファンの方たちからすぐに届くのでは?(^_-)-☆

記事を楽しんでくださり、感謝です。m(__)m
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる