fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
RABBIT CAT ~ トラックバックテーマ 第908回「ペットとの思い出」
マンクスという種類の猫がいる。
日本ではそう珍しくない、尻尾のない猫。後足が発達していて、ウサギのようにぴょんぴょん跳ねるように歩くことから、ラビットキャットとも呼ばれるそうだ。

そんな猫を飼っていた。
私の学生時代に実家に迷い込んできて、そのままウチの猫になった黒猫が産んだ子猫のうちの、長男(←多分ね)。

優しい顔をして、友人からは
ネコのくせに垂れ目じゃん(^o^)」
というコメントをもらい、でも愛嬌があって可愛いと人気があった。

性格も穏やかで少し臆病な位だから、ずっと女の子だと思っていた。
尻尾が無くて、というか良く見ると、ウサギの尻尾の名残のようなものがお尻についていて、ぴょんぴょん歩く。
ウサギみたいな猫

近所では、その白黒の模様と穏やかな顔から パンダと呼ばれ、
大きくなったらなったで、横から見たその四角い乳牛体型から
我が家でも ホルスタ猫 と呼ばれ、
何だか猫じゃないみたい。
「猫は犬と違って、食べ過ぎては吐いて戻すということはしない」
と、猫についての本にあった。
ふうん。それならお前は猫じゃないな。

近所の宴会場のシーズンには、そこでたっぷりご馳走の残りをもらって、
シーズンの終わりにはコロコロお団子のようになって、
首の部分もよくわからなくなっていた。

尻尾も無いのに、首も無い。
首尾の無い猫。(笑)
首尾一貫というけど、お前はそれどころじゃないな。

お前には猫のプライドってものはないのかい。
と言うより、そもそも猫の属性ってものを持ち合わせているのかい。

…とまあ、色々言うのも可愛いから。

でもお前は、私をいつもよく覚えてくれていたね。
実家には、年に二度くらいしか帰省しなくなっていたのに。

いつの間にかお母さんの黒猫を近所の家に追い出して、自分が主人猫に納まっていたのにはびっくりした。
「自分の親を追い出すなんて、お前は(>_<)」
と言ったら、母に、
「お前(私の事ね)が悪いことを教えたんだろ?(^。^)」
と言われてしまったよ。

大きくなってからは近所のボス猫にいつもやられて、キズだらけ。
昔の身奇麗なお坊ちゃまぶりは、どこへ行った。

お前が生まれて七年目の初夏に、二晩続けて夢を見た。
お前が行方不明になって、みんなで探さないと危ない、という夢。
あとで聞いたら、丁度その時やっぱりお前が二晩見つからなくて、
あとで隣家の庭で冷たくなって見つかったそうだね。

あの夢を見た時、気になっていたけれど、実家に連絡すればよかったのかな。
前から具合が悪かったらしいけれど、親に強引に言って、もっと早く病院に連れて行ってもらえていたら、もしかしたら助けられたのかな。
後で悔やんでも仕方が無いけれど。

死んだと聞いて、その場では泣けなかった。
その後に何回か夢の中でお前に会って、
でも、現実はもういないんだ と夢の中で気がついて、
泣きながら目を覚ましていた。

でも或る時見た夢は、もやの立ち込めた静かできれいな野原で、
そこにはツル草が小さな紫の花を咲かせて、辺り一面に這う中にお前はいた。
そこではもう私は静かな気持ちで、
「ああ、其処にいるんだね」と思えた。

それからお前の夢は見なくなったから、
私の無意識も納得したのかも知れない。

死者をあまりに長く悼むのは良くない、と言うし
私の環境も結構変わったりしていたから
大分長い事、お前の事は忘れていたよ。

あ、そうそう私ね、去年の暮れからブログってものをやっているのだけれど、
その先々月に九州の宇佐神宮に初めて行って、それがとてもインパクトがある旅だったのと、
そこがお前の名前と一緒の地名だったから、
それを記念して、お前の名前を借りることにしてしまったよ。

猫も主人に似るって言うけど、
私もお前に似て、臆病気味でヘタレだから、丁度いいのかな。
だからよろしくね、うさちゃん。(^^ゞ

様々なジャンルの商品を格安で取りそろえている総合オンラインショップです。

テーマ : 心のままに・・・・・・
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
うさちゃん…v-530
かわいいかわいい首尾一貫ねこさんですね。
静かなところで、穏やかにピョンピョンしているのでしょうね。
のりさんへ
わあ!ホルスタ猫の思い出を読んでくださったのですね。
おおきに(*^_^*)

> うさちゃん…v-530
> かわいいかわいい首尾一貫ねこさんですね。
> 静かなところで、穏やかにピョンピョンしているのでしょうね。

大きくなっても、メスと見まごう優しい顔と、シャイで穏やかな性格のネコでした。
猫の写真集やブログを見て思い出す事はあっても、もう夢に見る事はなくなりました。
ですので、お互い心残りは無いのでしょうね。

あちらでは、お母さんの黒猫や兄弟猫たちとも、仲良く過ごしているのでしょうか。
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる