fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
ラフマニノフのスケルツォ
もうすぐ、あとほんの数時間で3月が終わる。

春爛漫になる前に、この曲の思い出を語ってしまおう。
ラフマニノフの 『交響曲第2番 第2楽章 スケルツォ』。

もう10年以上前の話。
当時の私は、電子オルガンで弾き映えのする曲をあれこれ探していた。

そして出会ったのがこの曲だった。
季節はちょうど、2月の下旬だったと思う。

冬の冷たさを残しながらも雪が解けて
雪解け水が流れていくそばから、あちこちの雪の下に花々が顔を覗かせるような曲。

色で言えば、白と金がメインで、所々に紫が混じる、
そんな色彩を感じた。

は雪か、でなければスノードロップの花の色
はフクジュソウ
は・・・クロッカス?

全部クロッカスでもいいかな、大ざっぱだけど。
(もっとも、ロシアに野生のクロッカスがあるかどうかは知らない)

その前に手がけたのが、
ショスターコヴィチの凄みを帯びた美しさの
黒と金と、艶めく濃茶色を思わせる曲だったので、
余計季節感のコントラストを感じたのかも知れない。

ラフマニノフは、(通俗的なまでの)ロマンチックなメロディーで知られているけれど、
中間部のフーガの部分は、ちょっと宗教的というか
これまたラフマニノフのロシア正教っぽさが表れていて、
この部分をアレンジで割愛したくなかった。

そしてそのフーガが変形していき、
曲の冒頭部が再現される部分では、そのままバックに流れているという処理は、
いかにも、ある音型を生かして使っていくクラシックの作曲技法、
という感じで好きだった。

オーケストラのこの立体感を、一人の演奏で表現するというのは、
本当に至難の技だった。

結局アレンジには苦労して、未完のままで終わってしまった。

(その後、私は思うところがあって
それまでレッスンを受けていた師の元を離れ、
ピアノ一本に戻っていくのだが)

2月・3月にかけては思い出す曲なのだけれど、
まだ4月のはじめの、早春の感じが抜けきれない頃までなら
季節にマッチして聞けるかも知れないので、
ご興味のある方は聞いてみてね。

・・・という訳で、今回は駆け込みアップの記事でした。
ではまた

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
実は僕も以前、3年間エレクトーンを習っていた事があります。発表会にも3回出た所で引退しました。。。引退と言うほど上達はしませんでしたが。。v-290
レス >アーサーさん
そうだったんですか~。実は同好の仲間だったのですね。♪
発表会に3回も出たのなら、結構上達したのでは?

エレクトーンには、
アレンジ・アドリブ・アンサンブル
という、ピアノではなかなか味わえない3つの楽しさがありましたね。(^_^)

コンクール出場となると、大変でしたが…(*_*)


交響曲第2番 第2楽章 スケルツォがどのような物か知らなかったので今聞いてコメントしています(ノ´∀`*)

いい楽曲ですね(*´ω`*)

どこかで聞いた気もするのですが全く思い出せないです(´・ω・`)
ラフマニノフは、空間の音楽っていうか、
広がりのある曲を書いていますよね。
うまく説明できないけど・・・。
レス >虫さんへ
コメント有難うございます。

早速、その時間に曲を聴いて下さるとは・・・ネットからダウンロードなさったのでしょうか?便利な時代になりましたねえ。
それにしても虫さん、素早い行動力ですね!

ラフマニノフの楽曲や、それに影響を受けた音楽は、映画やドラマによく使われています。
ちゃっかり洋楽に利用されていることもありますね。
(例えば、エルトン・ジョンの”ALL BY MYSELF”はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章のメロディーです)

ですので虫さんも、どこかで聞き覚えがおありだとしても不思議ではないですよ。(^_-)-☆


レス >ジュリアルーシュさん
そうですね。
どこまでも広がる自然、ロシアの広大な大地を思い起こさせますね。♪
作曲家ご本人も、とても大柄な方だったそうですが・・・(^_^;)
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる