fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
音の絵・音の色~共感覚の世界
共感覚という言葉があって、これを持つ人は
ある五感への刺激に対して、
別の感覚も連動して働く、という。

たとえば、
数字や音、言葉などから色彩を感じたり、
形から音や味を感じたりする、とか。

ダ・ヴィンチの有名な絵『最後の晩餐』は、
共感覚の持ち主にとっては、
さまざまな喧騒の音が聞こえるのだそうだ。



音楽の調性にも、それぞれの色彩感があるという。


そこで、自分の感覚で、この調は何色か
思いつくまま挙げてみたことがある。



  ハ長調は、白。まだ何者にも染まらない、無垢の色。

  へ長調は、緑。
  ヘ短調は、萌黄がかったモスグリーン。

  嬰へ長調は、クリアなエメラルドグリーン。
  嬰へ短調は、グレーがかった深緑。

  ト長調は、紺碧の空の色。
  ト短調は、グレーブルー。

  変イ長調。ベルベットの、臙脂(えんじ)色がかった濃赤色。

  ロ短調。金色を帯びた明るい枯葉色。


ざっと、こんなものかしら?

確かに調性のもつ色合いというか、性格のようなものはあるようで、

ある曲をハ長調に移調して弾いたら、
全然味も素っ気もなくなって聞こえた とか、

ホ短調の曲をニ短調で弾いたら
あまりにも重たい曲に聞こえてびっくりした、

なんていう話は、結構、当時の同業者たちからも聞いたものだった。



音楽に色彩を感じるとき、
人は知らず知らずに

共感覚を働かせているのかもしれない。


(※ラフマニノフのピアノ曲集に『音の絵』というのがあります)




共感覚についての概要はこちらです。

なお、前回の記事『氷の国から』の後半を、日曜深夜に修正しました。

文意が取りづらい部分があったためですが、
訂正前の文をお読みになって、そうお感じになった方は、
よろしければ、またご覧になってくださいね。

※榛名行きの記事は、ただいま写真を整理中です。

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

確かに, 絶対音感保持者はキーを変えると違和感があることが多いですね…(^_^;)
カラオケで原曲とキーが違うと歌えないって言う人もいますし…;

でも, 実際の音楽業界ではキー変更なんて普通にやってますよね…; (カバー曲とかで)
歌手によって音域も違いますから, いたし方のないことなのかもしれませんね…;
こんちゃー (´ー`ノ


ちょく腸は、ワインレッド
しゅう長は、モカブラウン
蝶ちょは、ピュアホワイト


。。。


(>Д<)ゞ ハゲシク

「共感覚」と言う言葉、以前読んだ本で知りました。
特別な才能を持った、限られた方にのみ与えられた天賦の才能かと思ってましたが、なるほど、うさねこ369さんの
記事を読んで、『う~ん、私の様な凡人にも分かるかも!』と思ってしまいました。
調と色も素敵です。うんうん、って納得しながら、読みました。
うさねこ369さんのブログはとても楽しいです。
レス>気宇(きぅ)さん
>>気宇(きぅ)さん


歌だけでなく、器楽でもピアノ曲をオーケストラに編曲するときなども、演奏しやすい調性に変えたりしていますよ。
絶対音感を持つ人には、どう聴こえているのでしょうね。

1/4半音の違いや、敏感な人は数ヘルツの差もわかってしまって苦痛らしいですが。
レス >すいません!!さん
>> すいません!!さん

・・・コメント、笑いました。

和歌で言うならば、私の腰折れに対する、諧謔味あふれる返歌としてお受け取りいたします。
変化があっていいぢゃおまへんか?
レス>かえるままさん
コメントを有難うございます。

共感覚者のいる確率は、、一般にいわれている一万人に一人より、実際にはもっと高いらしいです。
(私も専門の本を読んだわけではないので、あまり詳しくはありませんが)

調と色についての私のイメージ、納得していただけましたか。うれしいですね。(*^_^*)

このブログを楽しんで下さり、幸いです。私もかえるままさんのブログは、お人柄が伺えるようで、とても好きですよ。
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる