fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
バッハと共感覚
J.S.バッハ。

音楽の父として、あまりにも有名なこの人。


現在の調性感、つまり

この調は軽やかで躍動感があるとか、
この調は穏やかだとか、

その元を作ったのは、バッハだという。


バッハも共感覚者だったのだろうか。



敏感な絶対音感を持つ人は
わずかなピッチの差を
色彩の違いとして
自らの共感覚でマッピングして捉えるという。


もっとも、調性感といっても
バッハの時代の調律は、
現代より半音低かった というから、
いわゆる絶対音感で感じる
何Hz・・・といったピッチを感じる感覚とは違うのかもしれない。


・・・絶対音感を持つ人は、
 当時のピッチで調律された楽器の演奏を聞いても、
 同じイメージを抱くのだろうか?



この記事は事実上、前回の記事『音の絵・音の色~共感覚の世界』の続きです
共感覚についての概要はこちらです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

当時の、調律、音質で、表現したかった彼ら(バッハにしても、ショパンにしても)今のピアノでは、表現したかった音楽とは、微妙に違うようですね。
バッハも、こんなに、何百年も音楽として語り継がれてるなんて、あの世でビックリなさってるかも!
レス>かえるままさん
>>かえるままさん

本当に、録音技術がなかった時代の音楽がどういったものだったかは、謎ですね。
色々と推測はされていますが・・・

当時の作曲家が、現代に来て自分の曲が演奏されるのを聞いたら、"ちがう!"と憤慨するか、それとも"うんうん、こういうのもアリか"と受け入れるのか、一体どちらでしょうね。

演奏される時代によって違う解釈がされていても、名曲は名曲なのが、彼らの凄いところなのかも知れませんね。
ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる