fc2ブログ
<<01  2024/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
バッハの平均律
J.S.バッハの『平均律クラヴィーア曲集』。

第1巻と第2巻から成るこの曲集は
鍵盤楽器のために

24の調、

つまり、すべての長調と短調で
前奏曲とフーガが書かれている。


ピアニストにとっての旧約聖書といわれるこの曲集は、
インベンションと共に、
音大生やピアノをやる人にとって

まるで高校生にとっての物理か数学のような存在。

(という事は、どういう事かお分かりと思うけれど)


でも、何故か私は好きだった。

それも、華麗なロココ調っぽさが加わる第2巻ではなくて
渋いほうの第1巻が。


傍目にもそれとわかる、華麗なテクニックを披露する、
というのではなくて

まさに一音、一音に意味があるタイプの曲たち。


それは、プレリュードよりもフーガに
よく表れている。

メロディーと伴奏、ではなくて

ツル草の大小のツルが
色と太さをさまざまに変えて、からまりあって
ひとつのタペストリーを織り上げるようなフーガ。


バッハのそんな曲が好きだった。


最初の職業を離れて、
音楽をだんだん聴かなくなり

ピアノもほとんど弾かなくなってからも
最後までこれだけは弾いていた。

一音、一音を噛みしめるように。



バッハの、24の調による『平均律クラヴィーア曲集』。



それは


私にとって


24色のクレパスの詰まった箱。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

ごめんなさい, 私, 音楽系の学校に通ってたと言うのに, 最近まで平均律と純正律の違いがわかりませんでした…;;;
聞き比べてもイマイチわからなかったんですよね…;;;

私たちが普段耳にしているJ-POPとかはほとんどが平均律でできてるらしいですね
そっちに慣れちゃってるから, 平均律がおかしいとか思わなかったんですが, よくよく聞いてみると純正律のほうが響きはいいことに最近気づきました♪ ←遅い;

ピアノは弾かないでいると, ずっと弾くのから遠ざかっちゃいますね…;
面倒になると言うか…;;
でも, ピアノの音はいつ聞いても美しい!!
音楽は楽しい!!
やはり音楽は生活に必要なものだと思います☆゚+。.



ところで, バッハの「小フーガト短調」って, すごく下品な替え歌が作られちゃってますよね…○ゲの歌とか何とか…;;; (苦笑)
あれ, 不謹慎ながら笑っちゃいましたww , ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
レス>気宇(きぅ)さん
>> 気宇(きぅ)さん

そんな、別に謝らなくても・・・(^_^;)
ケイタイで新着コメントのお知らせを受け取りましたが、『ごめんなさい』で始まっているので、どうしたのかと思いましたよ。

音楽は、実践もそうですけれど、知識や理論も追求すれば限りがありませんから。豪い専門家の先生だって、全部の事に通じた人はいらっしゃらないのでは?

響きの美しさでは、気宇(きぅ)さんの言うように、やはり純正律ですね。コーラスや弦みたいに、音程を自分で作れる楽器の特権ということで・・・うらやましいです。
ただ、たとえばC#とD♭、ト長調のG音とホ短調のG音もホントは違うピッチなのだけれど
それを鍵盤楽器で表そうとすると、ものすごい数の鍵盤が必要なので、どうにも無理だったようです。

結局、1オクターブ間の12音の間を平均して分割した、というので、平均律は鍵盤楽器向けなのですね。(ちょっとウロ覚えだけど)

ただ、このブログは、そんなに専門的なものではないので安心してね。音楽に関するの一連の記事では、それぞれの曲に対して私が持っているイメージを、読む方も一緒に味わっていただければ、それで良いのですよ。解説の部分は、単にそのための導入なので。

つらい思いをしながら音楽を離れてから何年もたって、ようやく、当時の事や音楽に対する思いを文章にすることができてきました。

音楽をやって良かったと思っています。

また不定期で音楽の記事をアップするかも知れませんので、その時はよろしくね。(^^ゞ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
うさねこ369さんへ
バッハがお好きなんて、スゴいです。尊敬します。羨ましいです。
私は、音大出身ではなくて、趣味としてピアノをやってました。それでも音楽は私にとって、なくてはならないものです。
私は、バッハが苦手で、初めてピアノで味わった挫折体験です。(子供の頃はカバレフスキーも挫折体験でしたが。)
「ピアノをやる人にとっての旧約聖書」とか「物理か数学の様な存在」と先生が教えて下さったら、どんなに気が楽だったか...
楽譜をみると簡単そうなのに、何故か、難しい。一音一音ではなく、流れとして全体が織りなすハーモニー。ハーモニーの中の一音一音が大切。

ただ、今子供のバイオリンの伴奏で、バッハが出て来ます。汗かきながら、内心(ママはバッハ苦手なのよ~)と言えずに....うさねこ369さん、うちに来て教えて頂きたいです。

そう言えば、バッハは前世、宇宙人だったとか、ニューエージ系の本で読みました。(変に思わないでね。笑いとばして下さい。)
この、難しいハーモニーは宇宙人だったのか!と妙に納得してました。
レス>かえるままさん
>> かえるままさん

お褒め頂いて恐縮です。

かえるままさんもピアノをやって、今も楽しんでいらっしゃるのですね。
お子さんの伴奏をなさるなんて、親子一緒に楽しめて素敵ですよ。

バッハには苦手意識を持つ人が多いので、実は今回、バッハが好きだとカミングアウトするのは、多少の勇気が必要でした(^_^;)

でもみんな、弾くのではなくて、純粋に聴く事を通じてなら、バッハの音楽の良さに気づくかもしれませんね・・・クラシックばかりではなくて、ジャズの人たちにも、バッハは人気があるそうですよ。(よくジャズにもアレンジされています)

ショパンがバッハを崇敬していた事なども、そのうち記事にしたいと思っています。
その時は、またご一読をよろしくお願いしますね。(^^ゞ

ランキングタグ外しました
いつも応援有難うございます。 更新がなかなかできないため、ランキングタグを外しました。 過去記事のタグまでは手が回りませんが、ご了承よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

うさねこ369

Author:うさねこ369
性別:メス
年齢:任意の素数(・・・女性に年を聞くもんじゃありません)
誕生日:2月15日・みずがめ座
血液型:0型
性格:ヘタレで根性はないが、なぜか根気はあるらしい。(婚期は逃しました)
HNは亡き愛猫の名前と、もうひとつのものの名前を掛けている。(詳しくはカテゴリ『猫ばなし』中の1記事、『ペットとの思い出』を見てね)=^_^=

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
リンクフリーです。相互リンクご希望の方は、コメント欄か下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪
くろねこ時計
バナー
クリックで救える命がある。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる